地震に強い注文住宅の条件

現在では木造住宅にも耐震性能を求める人が多いですが、地震に強い注文住宅を設計するには押えておくポイントがあります。

建物に対して耐震性能を期待する人が多いですが、どんなに地震に強いといわれる建物を作っても、それを支える地盤が強くなければ効果を発揮できないのが現状です。

知らない地域に土地を求める場合には、土地の利用履歴を調べることも大切ですし地盤調査のデータを確認し軟弱地盤対策を行うことが大切です。
大規模建築物だけではなく、一戸建ての注文住宅でも軟弱地盤対策は必要ですから、地盤の強さに応じて選択する必要があります。

知って納得の長泉町の注文住宅の情報をお知らせいたします。

一戸建て注文住宅では建物の自重が大きくはならないため、杭基礎やベタ基礎で対応することが多いと言えます。
木造住宅では筋交いを入れた耐力壁がポイントになってきますが、デザインや日当たりの良さを重視し壁量を少なくするとその分だけ強度や耐震性は劣ります。

今までに培ったノウハウを活かし、三島市の注文住宅についての情報ををお探しの方は必見です。

デザインだけの住宅は良くないといわれる理由の一つとなりますので、設計者のプランについては理由があって計画していることを理解することが大切です。
現在の基準で設計すれば想定内の地震に対しては耐える耐震性能を確保しているため、それほど耐震性能にこだわらなくても安全性は確保されています。



建築金物によって木材を接合していますので、古い建物とは比較にならない強さを持っていると言えます。注文住宅では免震工法を採用するケースが増えていますが、高額な導入費用がかかりますので、いつ起こるか分からない想定外の地震のために費用をかけることは経済的ではないとも言えます。



Copyright (C) 2016 地震に強い注文住宅の条件 All Rights Reserved.